Home > リノベーション

 リノベーションってなあに?

リノベーションとは、増築・改築したり建物の用途変更などリフォームよりも大きな改修工事のことです。

既存の骨格(構造)だけを残し用途や機能を向上させ、建築物に新しい価値を加えます。例えば、耐震性や

防火安全性を確保し、耐久性を向上させたり、冷暖房費などのエネルギー節約のためIT化するなど変化する

建築機能の対応・向上のために行われます。用途変更や時代の変化に合わせた機能向上を伴うことから、

リフォームと区別することが多いです。

 リフォームとリノベーションの見分け方

リフォーム

老朽化した箇所の修繕や交換を行い、新築時の性能を取り戻すこと。

原状回復工事。

リノベーション

間取り改変など大規模な工事を行う。新築時より機能性・デザイン性が向上。

用途変更・機能向上工事。

 メリット

 1.自由に設計が可能

古くなった箇所を入れ替えるように工事するリフォームとは違い、もともとの柱や壁などの構造体を残して、

自分好みの空間に作り変えることができます。例えば、外装も内装もガラッと変えて新築同然にしたり、

あるいはあえてユーズド感を生かした趣のある住まいにしたり・・・ということも可能です。

暮らし方に合わせて間取りやデザインなどを1から作り上げることができる自由度の高い住まいが叶えられます。

 2.建て替えよりコストや工期を抑えやすい

ゼロから始める家づくりと、もとからあるものを自分たちらしく作り変えるリノベーションとでは

工事内容にもよりますが、柱や梁を残すわけですから比較的安く抑えられます。さらに住宅ローンも

使うことができるので、お得になるケースもあります。また、解体作業時間は建替えよりも短く、

建替えで必要になる地ならしや基礎工事も不要です。「地ならしして基礎をつくり、基礎の養生をする

だけで普通は1カ月くらいかかります。工期が短ければ、その分、仮住まい費用も安く抑えられます。

 デメリット

 1.リフォームに比べて費用がかかる

構造体の老朽化が進んでいる場合や、大幅な間取りの改変を行うと新築と変わらない工事費用になることも

あります。昔の構造物だと、見えないところは手を抜いて工事されているケースがあり、耐久性に不安がある

可能性があります。そうすると耐震改修工事等を施すこととなり、当初に比べてかなりの費用が掛かってしまう

ことがあります。また、大規模なリノベーションになると仮住まいの必要があり、引越し費用や仮住まい費用が

発生します。


 2.100%自由というわけではない

リノベーションは基本的に全体改修にするため間取りや設備などの様々な変更が可能ですが、建物の構造によって

可能な範囲が限られます。特に戸建では構造体(耐震や耐久性などの必要な柱や梁)は撤去することができないため

間取りの変更には制約があります。

また、既存の枠組みを再利用するので、元の枠組みの耐久性や劣化の有無を調べる必要があります。もし耐久性に

不安がある場合は、柱等に金物を接合する補強工事を施す必要があります。

 施工事例

 増改築して二世帯に!


広島市 M様邸 住宅改修増改築工事


 費用:約1,223万円          工期:114日 

息子様ご夫婦がお母様と一緒に住まわれるということで増築部分をお母様の部屋に、

2階は息子様ご夫婦のお部屋にされるため、改装を行いました。                            

 


 共同生活をするにあたって・・・

 お施主様とお母様、お二人でのお住まいでしたが、お施主様がご結婚され、奥様がお施主様ご家族とお住みになるという形でお母様とお施主様ご夫婦で同居することになりました。

 お母様とご夫婦二組の共同生活するにあたり、お互いの生活を尊重するということでご夫婦とお母様の生活スペースを分けることになりました。お施主様ご夫婦は主に2階での生活となり、将来のことを考えて子供部屋も設けました。

 お母様のお部屋を広くするために増設し、生活を分けるためにお部屋にミニキッチンやおトイレ、洗面化粧台を新設いたしました。

 お風呂とリビングはお母様と共同してご使用することで、各々の生活を尊重しながら、しかし一緒に住むことの楽しさも兼ね備えた素敵なお住まいをご希望されました。

 仮住まいをせずに、、、

 M様邸のリノベーションは、一部増改築をするというものでしたので、仮住まいをせずお住まいになりながらの工事でした。仮住まいをしないことで、工事費を格段に安くすることができました。

 まずは増築部分の工事を始めました。増築するにあたってどこを増築するか迷わられておられましたが、玄関横が少しスペースがあったことと、その玄関横の花壇がもう使われていなかったことから、そこを増築する部屋の場所にお決めになられました。

 次に増築する部分の枠組みを作ってから既存の壁を

はいだりする作業を行いました。

 それから土台を作り、増築部分の柱を付け足すという形で工事していきました。

 壁を作り、断熱材等を入れて、大体形は出来上がり。あとは外壁を既存の外壁を似たようなものにしたら増築した部屋は作り終えました!

 2階もきれいに。。。

 お施主様ご夫婦のお部屋となる2階のクロスを一つの面だけ張り替えました。寝室ということで落ち着いた色のネイビーのクロスにされましたが、天井やほかのクロスが白ですので、アクセントになりとってもかわいいですね!それでいてシックで落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

Before

After

Before

部屋以外の廊下のフローリングや階段も新しくしました。

階段は、以前はカーペットだったのですが、猫ちゃんの爪でボロボロになっていました。ですので今回は、猫ちゃんが歩いてもボロボロにならないように板張りにしました。明るめの色にされたので階段全体の雰囲気も明るくなったように感じます。これだけでも印象がガラッと変わりますね!

After